【元公務員が語る】市役所の土日出勤が多い職場のメリット・デメリット

公務員

こんにちは。元公務員ライターの雪代です(@yukishiro7946

公務員は土日休めるイメージを持たれやすいですが、意外と休日出勤をすることを先日お話しました。

公務員は土日休める?元公務員が語る市役所の休日出勤が多い職場の特徴
こんにちは。元公務員ライターの雪代すみれです(@yukishiro7946)。 土日は休めるというイメージの多い公務員ですが、私が市役所で働いていたときは多い月で半分以上の土日が出勤日ということもありました。 とはいえ土日がほと...

私も市役所で勤務していた頃には土日に行われるイベントを担当する部署にいて、

雪代すみれ
雪代すみれ

「こんなに休日出勤があるんだ…」

と最初は驚いたものです(笑)

「公務員は土日休める」というイメージなので、公務員になりたい人で土日出勤について抵抗感が強い人もいるかもしれません。

休日に出勤すること自体、あまり良い印象は持たれませんが、土日出勤が多い職場でのメリット・デメリットはそれぞれありました。

この記事では私の経験をもとに市役所の土日出勤が多い職場のメリット・デメリットをお話します。

あくまで一人の経験をもとにした個人の考えではありますが、意外と良いこともあったので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

公務員で土日出勤が多いことのメリット

休日出勤が多いことにメリットなんてあるの?

と思う方がいるかもしれません。

結論からいうと、生活スタイルや一人ひとりの好みにもよると思いました。

どんなことをメリットに感じたかというと

  • 平日にランチや買い物に行ける
  • ルーティーンワークではない職場がある
  • 平日に休みが取りやすい

世間の流れと異なって、休みを取れる日があるのはよかったです。

詳しく説明していきます。

平日に休めてランチや買い物に行ける

多いときで月に5、6回の土日出勤があったため、代わりに平日に休みをとります。

半日代休を取ってお得な平日ランチを食べに行ったり、空いているときに買い物したりできたのは良かったなと思います。

非ルーティーンワークの職場がある

公務員というとルーティーンワークのイメージが強いですが、土日のイベントのために休日出勤するような職場は非ルーティーンワークのケースが多いです。

「公務員になりたいけれど、ルーティーンワークはあまり好きではないかも…」という人には向いていると思います。

平日の休みが取りやすい

上司によりますが「効率よく仕事を終わらせて休めた方がいい」という考えの上司ですと、なるべくみんなが休めるように気にかけてくれます。

平日の日中、窓口にお客さんが途切れなく来ていつも忙しい!という職場に比べたら、平日の休みは取りやすかったと思います。

土日に働くことに抵抗がなく、平日休みたい人はいいかもしれません。

公務員の土日出勤が多い職場のデメリット

土日出勤が多くて嫌だなと思ったこともあります(笑)

主に休みの日数自体が減ってしまうことが多かったのと、休日の予定が立てにくいことがデメリットだと感じた点です。

土日出勤した日数分、休めるとは限らない

土日出勤した日数と同じ日数休めるかはわかりません。

良く言えば自分で調整して平日休みを決められるのですが、仕事が終わってなければ休めませんし、みんな休んで平日に人がいないわけにもいかないため、係の中での調整も必要です。

例えば6回休日出勤したからといって、6回平日に休むのは難しいのは想像できると思います。

また通勤時間も考えると平日に同じ時間残業しても、土日の方が通勤時間分、自分の時間が減っていることになります。

土日含めて休日の予定が立てにくい

イベントの実施日は比較的余裕をもって決まっているのですが、私が担当していたイベントは外で行われるものもあり、雨天によって延期になることもありました。

小さなイベントですと事前に延期の日程を決めていない(決める必要がない)場合もあり、雨が降ったために突然翌週の土日の出勤が決まったこともあります(笑)

土日は基本的に予定がなくてゆっくり過ごしているという人なら負担に感じないかもしれませんが、私は土日に用事がたくさんあったため、

雪代すみれ
雪代すみれ

「本当に今度の土日は休めるのだろうか…」

といった気持ちになり落ち着かないことも多かったです。

平日に休んでいると近所の目が気になる

これは私の経験ではないのですが、自分が公務員ということが近所の人に知られている人は、平日に休んでも周りの目が気になって落ち着かないと話していました。

休日出勤したうえに平日もリラックスして休めないのは辛いですね…。

公務員の土日出勤の多さの好みは生活スタイルによって違うけれど、選べないので慣れるしかない

公務員の土日出勤が多い職場のメリット・デメリットを見てきました。

個人的には休みが決まっている方が嬉しかったので、土日出勤が多くて嫌だなと思うこともありましたが、今回挙げたメリットをより強く感じられるタイプの人でしたらむしろ平日に休めて嬉しい人もいるかもしれません。

トータルで見るとメリットもデメリットもそれぞれあるので、どちらが良いかというのは個人の好みだと思います。

といっても人事異動でどういった部署へ行きたいか希望は出せるものの、希望が通るかは別で、土日出勤が嫌でも休日出勤が多い部署に配属になったら慣れるしかないのですが…。

今、休日出勤が多くネガティブな気持ちになっている人もいつかは人事異動がありますので、もし精神的に本当に辛いくらい土日出勤が辛い事情があるなら伝えてみるのも手段です。

(土日出勤のある職場は結構あるので、伝えないとまた土日出勤が多い職場に異動になることもありえます)

前回の「公務員は土日休める?元公務員が語る市役所の休日出勤が多い職場の特徴」でも書きましたが、土日休みたいという理由だけで公務員を目指すのはおすすめできないので、公務員志望の方はしっかり現実を調べてくださいね…!

公務員は土日休める?元公務員が語る市役所の休日出勤が多い職場の特徴
こんにちは。元公務員ライターの雪代すみれです(@yukishiro7946)。 土日は休めるというイメージの多い公務員ですが、私が市役所で働いていたときは多い月で半分以上の土日が出勤日ということもありました。 とはいえ土日がほと...