プロフィール・実績紹介・仕事依頼

【2021年10月2日更新】

フリーライターの雪代すみれと申します。
ジェンダーのテーマを中心に社会問題関連の取材や執筆をすることが多いです。

プロフィール

経歴

1991年生まれ。
都内の四年制大学の心理学部を卒業した後、地方公務員に。
4年勤務した後、フリーライターへ。
ライター歴は3年目。

好きなもの・こと

食べること/簡単でおいしい料理/ゲーム/コウペンちゃん/ポケモン(GO・剣盾・スナップ・ユナイト)/おそらのサーカス(はれらいおん)/宝塚歌劇/ビジュアル系バンドの曲

性格・特性

・今まで生きてきたコミュニティで必ず一度は「真面目」と言われています。
・スケジュールを立てることが好きです。
・真面目な性格×元公務員の経験から、事務作業は得意です。

ストレングスファインダー上位5項目

①収集心
②個別化
③内省
④学習欲
⑤調和性

対応可能業務

~執筆経験・関心のあるジャンル~

ジェンダー/性教育/性暴力問題/ハラスメント/フェムテック/LGBTQ/人権/労働/環境/ドラマレビュー/エンタメ/心理学/不動産/教育/飲食など

~執筆可能な記事の種類~
・インタビュー記事
・トークイベント取材
・ドラマレビュー
・話題性の高いニュース記事(オピニオン記事)
・物やアイテム紹介のライティング
・SEOライティング

企画

「ネタ出し」と言われる工程から対応できます。
Twitterで公開のお知らせをしている記事のうち、約8割は自分で企画出しをしています。
日々リサーチに時間をとり、読者が今どんなことを知りたいかを考えています。

取材

企画立案・先方との調整・質問表の作成・取材・執筆・納品まで一貫して対応可能です。
企業、書籍の著者、弁護士、アクティビスト、社会的な活動を行っている団体など、様々な方をインタビューしてきました。
現在は感染対策のためオンライン取材のみお受けしています。
30記事以上のオンライン取材の経験があります。

執筆

取材記事のほか、日頃から執筆している知識を活かし、話題性のあるニュースをわかりやすく伝えるオピニオン記事や、メッセージ性のあるコンテンツやドラマ・作品を読み解き、読者にわかりやすく伝えるレビュー記事も得意です。

写真撮影

一眼レフカメラを持っています。
商品レビューなどでの簡単な撮影ができます。
※写真のサンプルはこちら

掲載メディア

Web

wezzy
VOGUE CHANGE
日刊サイゾー
ダイヤモンド・オンライン
医師専門家×ママクリエイターによる家庭でできる性教育サイト「命育」

※wezzyとVOGUE CHANGEは執筆者ページがあるため、執筆記事を一覧でご確認いただけます。

●wezzyの執筆記事一覧はこちら

●VOGUE CHANGEの執筆記事一覧はこちら

雑誌

●VOGUE JAPAN 2021年7月号
「人の数だけ、性がある。」のページで九州大学の中村美亜先生の取材記事が掲載
→オンライン版の掲載はこちら

執筆記事の例

企業取材

「心と体どちらの悩みも軽減する」アスリート発の生理時も履ける吸水型パンツ『OPT』:wezzy
1杯のコーヒーで、消費者意識を変革するimperfect佐伯美紗子。【女性リーダーたちの挑戦】:VOGUE CHANGE
女性を救うフェムテック市場が拡大、生理用品ブランド「Nagi」爆売れの理由:ダイヤモンド・オンライン

著者インタビュー

性について楽しく学ぶ 性教育絵本『だいじ だいじ どーこだ?』遠見才希子さんインタビュー:wezzy
教師から子どもへの性暴力を真摯に描く 漫画『言えないことをしたのは誰?』さいきまこさんインタビュー:wezzy
広告業界で感じた女性の生きづらさの正体『ぜんぶ運命だったんかい――おじさん社会と女子の一生』笛美さんインタビュー:wezzy
セックスレスでも楽しく生活——『結婚してから同じ布団で寝てません』著者インタビュー:wezzy

その他インタビュー

「年をとった“女子アナ”は見たくない」女性アナが直面するキャリアの壁について小島慶子さんに聞いた:wezzy
就活セクハラの手口と実態 法律の問題点と求められる対策について弁護士に聞いた:wezzy
表現の現場で蔓延るハラスメントの実態とは 調査によって判明した問題を荻上チキさんに聞いた:wezzy
「マジョリティの視点を考えつつ、マイノリティの声をなかったことには絶対にしない」──パレットーク編集長の合田文。【女性リーダーたちの挑戦】:VOGUE CHANGE
「ご不快な思いをさせて申し訳ありません」…炎上企業はなぜ「ご不快構文」で火に油を注ぐのか? ジャーナリストに聞いてみた:日刊サイゾー

オピニオン記事

Sexy Zone・菊池風磨やSixTONES・田中樹への全裸股間ドッキリ 男性へのセクハラ意識はいつになったら浸透するのか:wezzy
新垣結衣の結婚で湧いて出た「星野結衣」 私たちは『逃げ恥』から何を学んだのか:wezzy
男性の性暴力被害を嘲笑うな 男女の別ない深刻な性被害:wezzy
障害者の兄弟姉妹「きょうだい児」、社会に見過ごされてきた生きづらさ:ダイヤモンド・オンライン

レビュー記事

ドラマ『ハコヅメ』から見る「シスターフッド」 女同士の連携は脆くなどない!:wezzy
ドラマ『ドラゴン桜』が描く社会問題は、なぜ「響かない」のか:wezzy
ドラマ『カラフラブル』で描かれた、ジェンダーや多様性と向き合う登場人物たち:wezzy

掲載記事のTwitter上での反響について(例)

執筆への思い

「社会問題に詳しくない・そこまで興味がない人にもわかりやすく」を心がけています。

・毎日リサーチの時間をとっています。読者が今何を知りたいか日々考えています。

・真正面から社会問題について書く記事のほか、ドラマやテレビネタなどエンタメを切り口として伝えることの大切さも感じています。

「~らしくしなければ」の呪いによって苦しむ人を減らしたいという思いで執筆しています。

性暴力被害をなくし、被害者が救済される社会を作りたいです。そのため、性暴力を軽視したりネタにしたりする風潮に反対しています。

実績は出版業界のメディアが多いですが、出版業界以外の企業さんともお仕事したいと思ってます!

新たに挑戦したい仕事

●物を紹介するライティング:単発でお仕事をいただいたことがありますが、読者さんにどう魅力が伝わるか文章を考えるのが楽しかったです。無記名のお仕事でも歓迎です。

●食べ物に関すること:食べることが大好きなので、何かしら食に関することに関われたらという思いがあります。

※週7000円の食生活を発信するInstagramはこちら

取材希望の企業の広報ご担当者様へ

私の執筆テーマに関するサービスやアイテムについて、取材希望の場合もお気軽にお問い合わせください。
(内容によってはお受けできないこともあります)

問い合わせ先

お問い合わせフォーム、もしくはTwitterのDMからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
●Twitter:@yukishiro7946